2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

75歳以上の高齢者入院患者、6人が骨折

兵庫県佐用町にある「佐用共立病院」で昨年末から今年初めにかけて、
入院患者の6人が胸の骨などを折ってたことがわかった。
しかもその骨を折った患者たちは、75歳以上の高齢者入院患者・99~75歳のお年寄りだ。

事の発覚は、主治医らが入院していた女性患者の異状に気付き、
レントゲンを撮ったところ、肋骨(ろっこつ)が折れていることが分かったという。

更に検査を他の患者にもレントゲン検査し、5人の患者が骨折していた。

この事態に病院は県に連絡をし、県も調査を行ったが、
患者らは寝たきりで会話もできない状態のため、原因は分からずじまいだ。

県警も事件と事故の両面で捜査してという。

主治医は最初の女性患者が肋骨に骨折していたことが分かった時点で、
何らかの事件性を感じていたんではないだろうか。

そうでなければ、他の患者にも検査をすることが無かったと思うのだが。

ひょっとして寝たきりで会話もできない患者たちに対して、
故意に暴力を加えている病院関係者がいるのでは…。
もしそうだとしたら悲しいことだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iryo55.blog38.fc2.com/tb.php/2-05aa0e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

医療ニュース (20)
未分類 (1)

プロフィール

sparkkangoshi

Author:sparkkangoshi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。