2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザの影響で発熱患者が診察拒否される

今回の新型インフルエンザは弱毒性でそれほど症状も重くない。
通常のインフルエンザより症状が軽いという。
死者はほとんどメキシコで出ているが、他の国では出ていないのは、メキシコの医療体制が整っていないせいなのか?

それなのに海外渡航歴が無いのにもかかわらず、発熱の症状を訴える患者が
医療機関から診察を拒否されているという。

明らかに過剰反応だろう。

もし新型インフルエンザが強毒化し、流行したらどうなってしまうのだろうか?!
診療拒否された患者は、診察してもらうことなく悪くすれば死んでしまうのか? しかし過剰反応する医療側の立場も分かる気がする。
診察した患者が新型インフルエンザだとしたら、診察した医者も隔離され、病院も一時閉鎖状態になってしまうとしたら、なるべくそんな危険を冒したくない気持ちが分かる気がする。

この事態を踏まえ、国はもっと新型インフルエンザにどのように対応すべきか考えなくてはいけないだろう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090506-00000085-jij-pol
スポンサーサイト

テーマ:新型インフルエンザパンデミック特集 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iryo55.blog38.fc2.com/tb.php/16-ed9e105e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

医療ニュース (20)
未分類 (1)

プロフィール

sparkkangoshi

Author:sparkkangoshi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。