2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザプレパンデミック・ワクチンの了承について

新型インフルの大流行前(プレパンデミック)ワクチンの効果と安全性について、
厚生労働省の新型インフルエンザ専門家会議が「大きな問題はない」として了承した。
医療関係者など約6000人に接種した臨床研究の結果を受けた結果からそう判断したようだ。

このプレパンデミック・ワクチンというのは、新型インフルエンザの発生した場合、現在のワクチンの製造体制だと、全国民分には1年半かかってしまうため、つなぎ役として注目された。

しかし、

臨床研究の結果を基に試算すると、プレパンデミックワクチンを1000万人に接種した場合、3000人が副作用で入院する。厚労省幹部の1人は「病気が発生していないのにワクチン禍が起きたら……。責任を取れない」と漏らす。


http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090419-OYT8T00332.htm?from=nwlb

新型インフルエンザに対する恐怖。
副作用と言ってもどの程度だろう。多少だったらプレパンデミックワクチン接種は止む負えないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iryo55.blog38.fc2.com/tb.php/12-2b48d846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

医療ニュース (20)
未分類 (1)

プロフィール

sparkkangoshi

Author:sparkkangoshi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。